下記の処方は文献から引用した漢方処方です、
取り扱いの無い処方も有ります

漢方薬処方名(出典)一覧
カ行
処方名 よみがな 出典
解急蜀椒湯 かいきゅうしょくしょうとう 《漢方治療の実際》
華蓋散 かがいさん 《和剤局方》
解労散 かいろうさん 《楊氏》
回正散 かいせいさん 《医学入門》
加減瀉白散 かげんしゃはくさん 《東醫寶鑑》
加減小柴胡湯 かげんしょうさいことう 《万病回春》
香川解毒剤 かがわげどくざい 《香川修徳》
加減涼膈散 かげんりょうかくさん 《万病回春》
カッ香正気散 かっこうしょうきさん 《万病回春》
葛根湯 かっこんとう 《傷寒論》
葛根加半夏湯 かっこんかはんげとう 《傷寒論》
葛根加朮附湯 かっこんかじゅつぶとう 《傷寒論》
滑石白魚散 かっつせきはくぎょさん 《金匱要略》
葛根湯加辛夷川キュウ かっこんとうかしんいせんきゅう 《本朝経験》
葛根黄連黄ゴン湯 かっこんおうれんおうごんとう 《傷寒論》
葛根紅花湯 かっこんこうかとう 《漢方治療の実際》
加味温胆湯 かみうんたんとう 《東醫寶鑑》
加味温胆湯 かみうんたんとう 《衆方規矩》
加味帰脾湯 かみきひとう 《内科摘要》
加味四物湯 かみしもつとう 《万病回春》
加味逍遙散 かみしょうようさん 《内科摘要》
加味八脉散 かみはちみゃくさん 《勿誤薬室方函》
加味逍遙丸 かみしょうようがん 《内科摘要》
帰脾丸 きひがん 《厳氏済生方》
加味犀角地黄湯 かみさいかくぢおうとう 《万病回春》
加味平胃散 かみへいいさん 《勿誤薬室方函口訣》
加味消痔丸 かみしょうじがん 《和剤局方》
加味健歩虎潜丸 かみけんぽこせんがん 《医方集解》
加味八疝湯 かみはっせんとう 《万病回春》
瓜楼韮白白酒湯 かろがいはくはくしゅとう 《金匱要略》
瓜楼韮白半夏湯 かろうがいはくはんげとう 《金匱要略》
瓜楼桂枝湯 かろうけいしとう 《金匱要略》
夏枯草湯 かごそうとう 《外科正宗》
化食養脾湯 かしょくようひとう 《証治大還》
瓜楼枳実湯 かろきじつとう 《万病回春》
乾姜人参半夏丸 かんきょうにんじんはんげがん 《金匱要略》
活血解毒湯 かっけつげどくとう 《浅田宗伯家方》
活血散お湯 かっけつさんおとう 《外科正宗》
還少丸 かんしょうがん 《六科準縄方》
加減駐景丸 かげんちゅうけいがん 《和剤局方》
甘露飲 かんろいん 《和剤局方》
甘露消毒丹 かんろしょうどくたん 《葉天子》
完帯湯 かんたいとう 《傳青主女科》
葛花解醒湯 かっかげすいとう 《弁惑論》
過期飲 かきいん 《証治準縄》
膈下遂お湯 かっかついおうとう 《医林改錯》
甘露消毒飲 かんろしょうどくいん 《医効秘伝》
緩痃湯 かんげんとう 《高階枳園》
甘草湯 かんぞうとう 《傷寒論》
甘草黄連石膏湯 かんぞうおうれんせっこうとう 《本朝経験》
甘草乾姜湯 かんぞうかんきょうとう 《傷寒論》
甘草瀉心湯 かんぞうしゃしんとう 《傷寒論》
甘草附子湯 かんぞうぶしとう 《傷寒論》
甘草麻黄湯 かんぞうまおうとう 《金匱要略》
甘連大黄湯 かんれんだいおうとう 《金匱要略》
甘連大黄加石膏湯 かんれんだいおうかせっこうとう 《本朝経験》
甘連湯 かんれんとう 《松原方函》
寛中湯 かんちゅうとう 《和田東郭》
甘麦大棗湯 かんばくたいそうとう 《金匱要略》
帰耆建中湯 きぎけんちゅうとう 《華岡》
桔梗湯 ききょうとう 《傷寒論》
帰脾湯 きひとう 《済生方》
桔梗解毒湯 ききょうげどくとう 《方與げい》
桔梗白散 ききょうはくさん 《金匱要略》
枳実韮白桂枝湯 きじつがいはくけいしとう 《金匱要略》
枳実梔子鼓湯 きじつしししとう 《傷寒論》
枳実芍薬散 きじつしゃくやくさん 《金匱要略》
枳縮二陳湯 きしゅくにちんとう 《万病回春》
橘皮竹じょ湯 きっぴちくじょとう 《金匱要略》
橘皮枳実生姜湯 きっぴきじつしょうきょうとう 《金匱要略》
亀板湯 きばんとう 《本朝経験》
キュウ帰湯 きゅうきとう 《千金方》
キュウ帰膠艾湯 きゅうききょうがいとう 《金匱要略》
キュウ帰調血飲 きゅうきちょうけついん 《万病回春》
キュウ帰調血第一加減 きゅうきちょうけつだいいちかげん 《万病回春》
響声破笛丸 きょうせいはてきがん 《万病回春》
キョ風敗毒散 きょふうはいどくさん 《漢方治療の実際》
玉屏風散 ぎょくへいふうさん 《世医得効方》
玉泉丸 ぎょくせんがん 《万病回春》
救逆湯 きゅうぎゃくとう 《傷寒論》
玉泉丸 ぎょくせんがん *
九痛丸 きゅうつうがん 《金匱要略》
強神湯 きょうしんとう 《本朝経験》
近郊方朮附湯 きんこうほうじゅつぶとう 《金匱要略》
金鎖固精丸 きんさこせいがん 《医方集解》
玉女煎 ぎょくじょせん 《張景岳》
杏蘇散 きょうそさん 《直指方》
羌活勝湿湯 きょうかつしょうしっとう 《内外傷弁惑論》
銀翹散 ぎんぎょうさん 《温病条弁》
金沸草散 きんふっそうさん 《傷寒活人書》
苦参湯 くじんとう 《金匱要略》
駆風解毒湯 くふうげどくとう 《済生方》
九味柴胡湯 くみさいことう 《外科枢要》
駆風触痛湯 くふうしょくつうとう 《寿世保元》
九味羌活湯 くみきょうかつとう 《病機気宜保命集》
九味半夏湯 くみはんげとう 《漢方治療の実際》
九味檳榔湯 くみびんろうとう 《浅田家方》
荊芥連 けいがいれんぎょうとう 《一貫堂》
鶏肝丸 けいかんがん 《浅田家方》
鶏鳴散 けいめいさん 《時方歌括》
鶏鳴散加茯苓 けいめいさんかぶくりょう 《時方歌括》
恵命我神散 けいめいがしんさん
桂姜棗草黄辛附湯 けいきょうそうそうおうしんぶどう 《金匱要略》
外台四物湯 げだいしもつとう 《外台秘要方》
桂枝湯 けいしとう 《傷寒論》
桂枝加黄耆湯 けいしかおうぎとう 《金匱要略》
桂枝加葛根湯 けいしかかっこんとう 《傷寒論》
桂枝加厚朴杏仁湯 けいしかこうぼくきょうにんとう 《傷寒論》
桂枝加芍薬湯 けいしかしゃくやくとう 《傷寒論》
桂枝加芍薬大黄湯 けいしかしゃくやくだいおうとう 《傷寒論》
桂枝加芍薬生姜人参湯 けいしかしゃくやくしょうきょうにんじんとう 《傷寒論》
桂枝加朮附湯 (けいしかじゅつぶとう) 《吉益東洞》
桂枝加竜骨牡蠣湯 けいしかりゅうこつぼれいとう 《金匱要略》
桂枝加苓朮附湯 けいしかりょうじゅつぶとう 《吉益東洞》
桂枝去桂加茯苓白朮湯 けいしきょけいかぶくりょうびゃくじゅつとう 《金匱要略》
桂枝甘草湯 けいしかんぞうとう 《傷寒論》
桂枝加附子湯 けいしかぶしとう 《傷寒論》
桂枝去芍薬加蜀漆竜骨牡蠣救逆湯 けいしきょしゃくやくかしょくしつりゅうこつぼれいきゅうぎゃくとう 《傷寒論》
桂枝甘草竜骨牡蠣湯 けいしかんぞうりゅうこつぼれいとう 《傷寒論》
桂枝五物湯 けいしごもつとう 《吉益東洞》
桂枝芍薬知母湯 けいししゃくやくちもとう 《金匱要略》
桂枝生姜枳実湯 けいししょうきょうきじつとう 《金匱要略》
桂枝桃仁湯 けいしとうにんとう 《婦人良方》
桂枝二越婢一湯 けいしにえっぴいっとう 《傷寒論》
桂枝人参湯 けいしにんじんとう 《傷寒論》
桂枝茯苓丸 けいしぶくりょうがん 《金匱要略》
桂枝附子湯 けいしぶしとう 《傷寒論》
桂枝麻黄各半湯 けいしまおうかくはんとう 《傷寒論》
啓脾湯 けいひとう 《万病回春》
桂枝茯苓丸料 けいしぶくりょうがんりょう 《金匱要略》
荊防敗毒散 けいぼうはいどくさん 《万病回春》
瓊玉膏 けぎょくこう 《信州薬品》
下お血湯 げおげつとう 《金匱要略》
血符逐お丸 けっぷちくおがん 《医林改錯》
堅中湯 けんちゅうとう 《千金方》
逐お湯 けっぷちくおとう 《医林改錯》
桂附地黄丸 けいぶじおうがん 《金匱要略》
虎潜丸 こせんがん 《医方集解》
甲字湯 こうじとう 《原昌克》
香砂平胃散 こうしゃへいいさん 《万病回春》
香砂養胃湯 こうしゃよういとう 《万病回春》
香砂六君子湯 こうしゃりっくんしとう 《内科摘要》
厚朴三物湯 こうぼくさんもつとう 《金匱要略》
厚朴麻黄湯 こうぼくまおうとう 《金匱要略》
香きゅう湯 こうきゅうとう 《儒門事親》
行気香蘇散 ぎょきこうそさん 《万病回春》
行湿補気養血湯 こうしつほきようけつとう 《万病回春》
牛膝散 ごしつさん 《証治準縄》
高枕無憂散 こうちんむゆうさん 《万病回春》
古今録験続命湯 ここんろっけんぞくめいとう 《金匱要略》
香蘇散 こうそさん 《和剤局方》
厚朴七物湯 こうぼくしちもつとう 《金匱要略》
厚朴生姜半夏甘草人参湯 こうぼくしょうきょうはんげかんぞうにんじんとう 《傷寒論》
厚朴麻黄湯 こうぼくまおうとう 《金匱要略》
杞菊地黄丸 こぎくぢおうがん 《小児薬証直訣》
五虎湯 ごことう 《万病回春》
五虎二陳湯 ごこにちんとう 《万病回春》
五積散 ごしゃくさん 《和剤局方》
牛車腎気丸 ごしゃじんきがん 《済生方》
呉茱萸湯 ごしゅゆとう 《金匱要略》
五物解毒湯 ごもつげどくとう 《本朝経験》
琥珀湯 こはくとう 《山脇方函》
五物大黄湯 ごもつだいおうとう 《吉益東洞》
虎翼飲 こよくいん 《産論》
五淋散 ごりんさん 《和剤局方》
五苓散 ごれいさん 《傷寒論》
厚朴温中湯 こうぼくおんちゅうとう 《内外傷弁惑論》
五皮飲 ごひいん 《和剤局方》
五味消毒飲 ごみしょうどくいん 《医宗金鑑》
虎潜丸 こせんがん 《朱丹溪》
冠心二号方 かんしんにごうほう (北京地区防治冠心病協作組)
冠元顆粒 かんげんかりゅう (北京地区防治冠心病協作組)
華陀膏 かだこう 《中国の軟膏》
回春仙 かいしゅんせん *
熊胆 くまたん 《熊の胆嚢》
海馬補腎丸 かいばほじんがん 《天津中薬》
海狗腎 かいぐじん 《オットセイ》
《ペニス》
牛黄降圧丸 ごおうこうあつがん 《太平恵民和剤局方》
虎骨酒 ここつしゅ 《東醫寶鑑》
糾励根 きゅうれいこん 《霜鳥研究所》
血毒丸 けつどくがん 《中製薬処方》
血栓心脉寧 けっせんしんみゃくねん 《中製薬》
香連丸 こうれんがん 《和剤局方》
けん痺湯 けんぴとう 《楊氏家蔵方》


ア行 サ行 タ行・ナ行 ハ行・マ行・ヤ行 ラ行 

坂本薬局のトップに戻る