NPO法人 災害危機管理システムEarth

HOME < 市民講座

■講座概要
 災害危機管理システムアースでは、さまざまな講習をご用意しています。

@もし災害に遭ったら、自分の命は自分で守る。
 ・危険か所を点検し、外出時・在宅時など様々な場所を想定したチェックシートを使用します。
A図上訓練
 ・自分の行動範囲の中で危険か所を点検し、情報を地図に書き込みます。
 ・参加者みんなの情報を共有し、全体を把握します。
 ・実際に地図を持って町を歩きます。
B自分の地域の危険度を知る。
 ・危険避難地域、危険火災地域、住宅密集地、消防車の入れない道路を点検します。
C被災したらどうするか。
 ・自宅、職場、どこで被災するか分かりません。首都圏の混乱から回避する方法を考えます。
 ・災害発生一日目→三日目→帰宅困難者→各地の避難所へ一時避難する→避難所はこんな所。
 ・不十分な情報と歩いて帰れる服装等を考えてみましょう。
D災害を客観的に考える(災害の構造図)
 ・簡易担架の作り方、ゆでるだけ!炊飯袋のごはん等
E災害現場に居合わせたら。
 ・血が出ている人より、騒がず横たわっている人の方が重症の可能性が高い。
 ・トリアージを使用して適切な対応を考えます。
Fけが人を建物から搬送する体験。
 ・人の重さやけがの状況によって、運び方が変わります。
G災害弱者に対する対応。
 ・避難してきた災害弱者とコミュニケーションをとる方法を考えます。
 ・例えば、視覚障がいを持つ人を誘導するには?
H自分が災害弱者となった時の体験。
 ・アイマスクや車いすを使って、実際に自分が災害弱者となった時に避難所まで歩けるか検証します。

■申込について
 災害危機管理システム アースまでご連絡ください。
 
 上記内容@〜Hを組み合わせて講座をご提案させていただきます。
 参加人数、規模、実施時間、料金等ご相談下さい。

お問合せ
お申込み

企画相談
打合せ
開催
 いつ、どこで、どんな
 講座を行いたいか
 ご連絡ください。
 ご希望を聞き
 お見積と具体的な
 内容をご提案します。

 企画内容を決定後
 事前の打ち合わせを
 行います。

 当日開催です。
 必要によっては
 前日準備が必要な
 場合があります。